キーワードマーケティング研究所の新着情報

義援金への寄付の完了ご報告

みなさん、
こんにちは。
 
キーワードマーケティング研究所 滝井です。
http://twitter.com/hidenoritakii
 
 
 
みなさんにご協力いただいた、
 
「Google化したYahoo!をどう対策するか?2011年SEO成功の極意とは?」
~滝井秀典CD対談シリーズ
http://www.niche-marketing.jp/keyword/kwm/cd_vol4.html
 
 
の販売チャリティ企画ですが、
売上金全額の寄付が完了いたしましたので、
報告します。
 
 
 
●寄付総額
 
売上額総額は、232万7百円でした。
 
これに、
キーワードマーケティング研究所からの寄付として79,300円を加えて、
合計240万円を、
4カ所へ60万円ずつ、寄付いたしました。
 
 
 
 
●寄付先
 
寄付先は被災地の自治体へ直接行いました。
 
 
岩手県
http://sv032.office.pref.iwate.jp/~bousai/taioujoukyou/gienkin.htm
 
宮城県
http://www.pref.miyagi.jp/kihu.htm
 
福島県
http://goo.gl/YttLk
 
相馬市の震災孤児及び被災者奨学資金義援金
http://goo.gl/5YOJF
 
 
これらの義援金は、
全額が、被災者および震災孤児に届けられるものです。
 
 
 
 
 
●証明
 
各自治体から、領収書をいただきました。
 
 
岩手県
http://www.niche-marketing.jp/aya_photo/iwateken.pdf
 
宮城県
http://www.niche-marketing.jp/aya_photo/miyagiken.pdf
 
福島県
http://www.niche-marketing.jp/aya_photo/fukushimacity.pdf
 
相馬市の震災孤児及び被災者奨学資金義援金
http://www.niche-marketing.jp/aya_photo/somacity.pdf
 
 
 
また、相馬市からは、写真と共にお礼のお手紙を、頂きました。
http://www.niche-marketing.jp/aya_photo/somacity-houkoku.pdf
 
 
相馬市長の熱い想いが感じられますね。
 
 
 
 
 
●寄付先の選定のプロセスについて
 
寄付先の選定については、
なかなかWEB上のデータ情報だけでは判断できなかったので、
 
 
滝井自身が直接被災地を見に行って、
確かめてきました。
 
福島県のいわき市(津波で家屋全壊多数、および原発に近い)、
福島県の双葉町(原発で住民避難)、
宮城県の南三陸町(津波の被害最大地区)、
宮城県の気仙沼(津波で大きな火災があった地区)
岩手県の陸前高田(津波で家屋全壊多数)
 
といったところです。
 
 
そこでわかったことは、
 
 
「自治体の方々は懸命に努力されている」
 
 
ということです。
 
 
休日や祝日にもかかわらず、
すべての町の市役所は、
例外なくたくさんの職員の方々が働いていました。
 
 
公務員なのだから当たり前のようですが、
余震が続き、
自らも被災者なのに、
 
 
何ヶ月も気の抜けない毎日を過ごし、
責任を負って仕事をするのは、
本当に大変だと感じました。
 
 
また、
東京とは違い、
 
宮城、岩手などの沿岸の町は、
市役所や県庁などは、
まさに町の中心で、
地域の柱になっていることを感じました。
 
 
不明者の安否の確認、
住居が流された方々への土地の権利について、
 
などなど、
あらゆる張り紙がしてあって、
多くの人がそれを見て、
職員の方々と話し合っているわけです。
 
 
このような状況で、
 
被災者からの信頼も厚く、
コミュニケーションも円滑でしょうから、
 
赤十字などから義援金を送ってもらうより、
各自治体に直接義援金の寄付先にすることにいたしました。
 
 
この判断は間違っていないと、
確信しております。
 
 
 
もしみなさまが寄付をお考えの場合、
 
義援金は、
税制上、すべて「損金」になりますので、
 
上記のような、
自治体の義援金に寄付をされることを、
おすすめします。
 



更新日時: 2011年07月20日 12:33

新着情報 > HOME